安旨ワイン探求

安旨ワインを探し求めて飲んだワインのMEMOをつらつらと

ジャン・クロード・マス / トワベー・エ・オウモン ‘2008’

time 2011/08/06

sponsored link

Jean Claude Mas IIIB & Auromon 2008

セパージュメルロー80%+シラー15%+カベルネS
種別: 赤
産地・格付etc: ラングドック地方 VDPドック
扱い・価格: (株)モトックス/1,500円
Jean Claude Mas IIIB & Auromon 2008
外れ無しの安旨ラングドック、ポール・マスの上級クラス(っていっても安いけど)。リュット・レゾネで栽培、65%をオーク樽(アメリカン6割・フレンチ4割)で7ヶ月熟成、35%をステンレスタンク熟成とのこと。
若干くすんだ濃いめの紫で、トロッとした粘性のある液質。
豊かで芳醇な香り。ブラックベリーやダークチェリーのジャムをベースに、コーヒーやなめし革、インク、苔のようなニュアンスが加わる。
ふくよかな、やや甘みを感じるような口当たりで、酸味は低めでソフト。
渋味は高めなんだけど、柔らかくて一体感がある。苦味は低い。
力強い、ふっくらしたコクのあるボディ感で、ほんとこのワインは凄いわ。ありえない価格だね。
抜栓直後は若干ビオ臭的なムワッとした匂いがあるけど少し経つと落ち着いて、黒系の香りになってく。味わいも重めで、期待を裏切らないね。
欲を言えば、もう少し涼しい時に飲んだら、もっと旨かったかな(汗)
評価: 4

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0055BEQJU

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

過去の記事