安旨ワイン探求

安旨ワインを探し求めて飲んだワインのMEMOをつらつらと

ドメーヌ・モンジャル・ミュニュレ / ヴォーヌ・ロマネ・レ・メジエール・オート ‘2002’

time 2006/03/05

sponsored link

Domaine MONGEARD-MUGNERET-VOSNE ROMANEE LES MAIZIERES HAUTES 2002

セパージュピノ・ノワール
産地・格付etc: ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ AOCヴォーヌ・ロマネ
扱い・価格: (株)ラック・コーポレーション/4,600円
Domaine MONGEARD-MUGNERET-VOSNE ROMANEE LES MAIZIERES HAUTES 2002
うちのセラーに一番長く眠っていたこのワイン、おっきい買物した記念にパッと開けることにしました(笑)
ウチでは初となる、ACヴォーヌ・ロマネです。しかもただの村名じゃなく、一級畑レ・スショのすぐ下で、あのロマネ・コンティまでも400mしか離れてないという、オート・メジエールという畑名付き村名ワインです。作り手のドメーヌ・モンジャル・ミュニュレも結構大きくて有名みたいです。そー言えばこの「手から葡萄が飛んでるラベル」よく見かけるな〜。
低温マセレーションと20ヶ月の新樽熟成をしてるそうな。
で、注ぐと…!! きました、この花畑系の香り。いいブルゴーニュって必ずといっていい程こういう香りするな。色はピノらしい透き通った紫系です。良年の’02ということもあるのか、まだあまり熟成感はないです。ほんとはもっと寝かした方が良いのかな。
適度な酸味と強い果実味で、長期新樽熟成ってのは全くわからないです…花粉症のせいかな?(泣) タンニン感もかなりあるし、少し塩っぽいようなミネラル感もあるけど、タンニンは丸い感じで収斂性はほとんど無いです。
おー。これでヴォーヌ・ロマネ、シャンボル・ミュジニー、ジュヴレ・シャンベルタン、ニュイ・サン・ジョルジュと代表的な村名ワインは体験済みってことだ〜。

sponsored link



sponsored link

過去の記事