安旨ワイン探求

安旨ワインを探し求めて飲んだワインのMEMOをつらつらと

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ ‘1996’

time 2006/03/09

sponsored link

Les Fief de Lagrange 1996

セパージュカベルネSメルロープティ・ヴェルド
産地・格付etc: ボルドー地方メドック地区 AOCサンジュリアン
扱い・価格: サントリー(株)/2,500円
Les Fief de Lagrange 1996
久々のボルドー格付け系です。と言ってもシャトー・ラグランジュのセカンドのレ・フィエフ・ド・ラグランジュです。ヴィンテージは1996と良年なので楽しみ。
このボルドーはジロンド川左岸のサンジュリアン地区にあるシャトーはサントリーが所有しているということで、親近感バリバリなんですが、以前’97のシャトーものを飲んだ時に非常に美味しかったので、ますます好印象なんす。
で、グラスに注ぐと、かなり濃い赤紫系。若干茶系なニュアンスも入ってきている感じで、熟成が進んできているようで。んー、なんと言うか、雑木林の下生えっぽいような湿り気感のある林っぽい香りがします。コクがバッチリあって、それでいて酸味もありバランスが良いですな。小一時間経つと、香りにさっきのヌメっとした感じが減って、ブラックベリー系な香りが強くなってきました。味も一瞬甘みが感じられるんだけど、良く味わうと甘くなくて、丸みのあるタンニン感が結構強く、なんだかボルドーのカベルネ〜!って感じです。そうそう、オりもかなりあってビックリでした。
これセカンドなのに、凄い良いです。でも’96のファーストはもっと凄いんだろうな…。

sponsored link



sponsored link

過去の記事