安旨ワイン探求

安旨ワインを探し求めて飲んだワインのMEMOをつらつらと

イエリング・ステーション / プラティパス・ラン・ピノ・ノワール ‘2001’

time 2008/02/02

sponsored link

YERING STATION PLATYPUS RUN Pinot Noir 2001

セパージュピノ・ノワール
産地・格付etc: オーストラリア ビクトリア州ヤラ・ヴァレー
扱い・価格: 日欧商事(株)/900円
YERING STATION PLATYPUS RUN Pinot Noir 2001
やたらに安いオーストラリア・ピノが積んであったので、ちょっと買ってみた。
ヤラ・ヴァレーはオーストラリアの中でもピノの名産地。ヤラ・リッジとかデ・ボルトリとかでっかいワイナリーの安いラインのでも\1,500以上はすると思うんだけど、この安さはなんなんだ…まぁものは試しで買ってみると(笑)
熟成はフレンチオーク樽を部分使用しているとのこと。プラティパスってのはカモノハシのことなので、「カモノハシ走る」って意味かなぁ(汗)
 色は透明感のある渋い赤色。セメダインのような揮発性の香りとキャンディのような甘い香りが合わさった感じ。
明らかにアルコール度が高そうな口当たり、喉も熱いし(汗) キャラ的には残糖度も少ないし、酸味も穏やかながらちゃんとあって、キレはないんだけど、ニガシブも少し感じられてピノ系ではあるんだけど、いかんせんこの高アルコール感が、ブルゴーニュとは似てない感を出してる。ま、安いんで、納得のレベルではあるな〜

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

過去の記事