安旨ワイン探求

安旨ワインを探し求めて飲んだワインのMEMOをつらつらと

シャトー・カップ・ド・フォージェール ‘2004’

time 2008/07/09

sponsored link

CHATEAU CAP DE FAUGERES 2004

セパージュメルロー85%+カベルネF10%+カベルネS5%
産地・格付etc: ボルドー地方ジロンド県 AOCコート・ド・カスティヨン
扱い・価格: エノテカ(株)/2,100円
CHATEAU CAP DE FAUGERES 2004
お気に入り右岸ボルドーのカプ・ド・フォージェールが数年前のような値段で売ってたので、迷わずゲット。
ちょうど’98、’00、’02と飲んできてるから、ちょうど良いか、’03はバカ高いし。
’04ビンテージのセパージュは、サンテミリオン側のChフォージェールと同じで、フランが多くなっていたりはしないようだ。
なので、収量が40hl/haのChフォージェールに比べて若干多い45hl/haになっているというくらいかな。
醸造はステンレスタンク醗酵で、1年使用オーク樽60%、2年使用オーク樽40%で12ヶ月熟成。
グラスに注いでみると、いつものことながらかなり濃い。黒っぽい赤紫で、赤は若干弱いので、深紫って感じ。
香りは最初は甘いバニラが一番目立ってる。だんだんとベリー系の香りも立ち上ってくる。
タンニン感凄い…でもそれに負けないくらいの果実爆弾(笑) さらに苦味があってチョコのようなニュアンスを持ってるワインだな。
’03や’05に比べて薄いと言われてる’04でこんなんだと、03や05はどんなんだ!? ましてやもっと収量抑えてるシャトーものはどうなっちゃうんだろ。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

過去の記事